カテゴリー
道のりBlog

意思があるような無いような

さて、前回家の前の植木を
撤去した話をしまして、
今度はいよいよ家ですよね。

友達に大工がいまして
軽く話を聞いてみたと言うか、
ちょっと家を見てもらったんですよ。


まぁしばらく会ってなかったと
いうのもありまして
世間話がてらという感じだったんですが。

なんか仕事用の水平を測る機械を
持ってきてくれたんですが、
一階の寝室をその機械で
測定してもらったんです。


なんと
一階の床から天井まで
5センチも傾いてる。

家が5センチも傾いてるw

気付かずにずっと住んでたんですが、
傾いてるところにずっと住んでると
体調がおかしくなるって
言いますよね
w

奥さんと話してて
子供が夜中に
よく起きる原因の一つにうちの場合
これがあるんじゃないの?って
w

まっすぐ立って
生活するって大切ですね
(T_T)

こりゃリノベーションじゃなく
建てたほうが良さそうです。

後日知り合いの工務店に連絡して
話を聞いてもらう事にしました。

この工務店に友達も勤めてるんですが、
前にも仕事のほうでお世話になったり、
何回か建てた家を見学しに
行ったりしてたので
とりあえず色々相談しました。

自分達がどのくらい
銀行で借りれるのか、
どんな家を建てたいのか。

銀行に行って話もしなくちゃいけない。

ん〜。

意思があるようでない夫婦なものでw

こだわりが強いような無いようなw

そんな感じだったので
ネットで間取りとか
気に入った作りとかアイデアとか
とりあえず調べまくる事にしました。

今はというか昔からあるのか
知らないんですけど
こういうプランニングノートとか
お金の借入パターンの資料とか
渡されるんですね
(Д)


確かに私達のような
迷子になりやすい人間には
ありがたい
w

これに書き込んで「こうしたい」って
間取りをネットからプリントアウトして
ノートに貼り付けていけば
工務店さんにも分かりやすい。

工務店さんがいうには、
どうしてもお客さんが
作りたいイメージと
工務店が解釈するイメージとでは
ズレが出てしまうらしく、
今はネットがあるから
プリントアウトして話し合う方が
お互いイメージしやすく楽らしい。


確かにイメージにズレって起こるよね。


「こういうイメージじゃなかった」
みたいな。


美容院行って写真見せたほうが
早いってのと感覚同じね。

それと、後で重要になってくる事に
この時は気付かなかったんですが

その工務店さんが基準にしてる坪単価。

この工務店さんは
160万が基準でした。

自分達がどんな家を求めていくのか。
また後日書いていきます(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です